« 新潟ー山形ー秋田 | トップページ | づけ丼ーワンタンー鶏唐揚げ »

2007/04/30

鳥海山 湯ノ台口

4月30日は鳥海山に湯の台口からチャレンジした。

朝5時半に歩き始めてピーク着いたの12時半!

んで、なんだかんだでスタート地点に帰ってきたのが3時。

疲れ果てた。。

もういいや、湯の台口は。
一回達成したら充分。
長すぎる。
疲れすぎてしゃべりたくもないよ。
ビールも缶を持って傾けるのが面倒くさいからストローで飲みたい。

一生に一回行けば十分だね。
滝の小屋まで除雪してくれるなら行ってもいいかな。

それか日帰りじゃなくて滝の小屋あたりでテントはるならいいかも。

トイレあいてたし。小銭持っててよかった。

あとずっと晴れててよかった。

去年あとちょとのところで心がくじけて上まで行けなかったので今年は達成できてよかった。

しかし稜線からの景色はさいこーでした。


崖をのぞきこむ先生


千蛇谷


千蛇谷を眺める先生


そういうわけで、鳥海山はすばらしいけど
もう湯ノ台口から行くのはやめよう。ということです。


上のほうは快適なザラメくんでよかった。

とちうからは妖怪板つかみがいた。
つかまれてひっくり返った。

滝の小屋より下は最初は林間で楽しい。
それより下はね、もう論外だね。
雪ときどきコンクリート。それがまた長いっ!し、雪がない!

漕いだり歩いたり漕いだり歩いたり。
最後はもうおかしなテンションになってきて牡蠣!牡蠣!と叫びながら
走った。
走れるんじゃん。と走った後に思った。


下山してすぐさまマックスバリューでビール買って、道の駅象潟に戻って、生牡蠣とビールで祝杯をあげた。

その後、風呂。日本海に沈む夕日がまる見えなんだ。
私は頭洗ってて見逃したんだ。

象潟はトイレの手を洗うところ、お湯が出るんだ。
素晴らしいんだ。

素晴らしついでに滝の小屋まで除雪して欲しいんだ。


明日は鮮魚と麺類の旅に出る。
歩きすぎて足が痛い。

|

« 新潟ー山形ー秋田 | トップページ | づけ丼ーワンタンー鶏唐揚げ »

山かんけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25228/14900758

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海山 湯ノ台口:

« 新潟ー山形ー秋田 | トップページ | づけ丼ーワンタンー鶏唐揚げ »