« 漢字ブーム | トップページ | 葛飾ラーメン うしけん »

2007/12/04

湯たんぽ

湯たんぽ買った。
とてもいい。


長崎屋で980円だった。


仕事中ずっとイスに座っていて、暖房つけてるけど
どうも足元だけが冷えて足が氷のようになるので
湯たんぽ君にがんばってもらうんだー。


いろんな材質があって悩んだけど
(たいして悩んでないけど)とりあえずポリエチレンのやつ
買ってみた。使ってみてだめならポリのやつはおじいさんにあげて
鉄とか銅とかチタンとか試そうかと思ったけどポリエチレンで十分だ。
錆びないし。
この子ったら自立できるし、底が平らだから床に置けるし。


銅のやつとかチタンは錆びないとか軽いとか強いとか暖かいとかいうけど
8千円とかするんだ。高い!そんなのきときと鮨2回行けちゃう。
エコロジーはいいけどエコノミー的によくない。
いま私うまいこといった。


床あっためてもしょうがないので下に何か敷く。


原料 樹脂
本体 ポリエチレン
キャップ ポリエチレン

耐熱温度
本体 110度
キャップ 120度

容量 3.0L


意外にお湯入れたての時は素手で持てないくらい熱い。
なめてると痛い目見る。
あと低温ヤケドにもきよつけないとねー


あとスノーボードに行くときもがんばってもらうつもり。

ドライブの友。車泊の友。
ドライブ中もご多聞にもれず足が氷のようになるので
足元に置いて、強制的に冷えを解消。
夜寝るときはべつに要らないけど
朝、歯磨きと顔洗うときに湯たんぽ君の中のお湯を使うつもり。
だって新潟とか長野とかの公衆トイレの水道って、キンキンに冷えてて
凍る一歩手前みたいな殺人的冷たさなんだもん。
冷たい通り越して痛いんだもん。

そこで湯たんぽですよ。
冬の公衆トイレでお湯で顔を洗えるなんてステキ!


実験してみたんだけど
このポリの湯たんぽでも15時間後でもすこしぬるいくらいのお湯だった。
もちろん15時間もたつとぬるすぎて湯たんぽとしての機能は果たしてないけど
顔を洗う水としてはあったかいほうだ。

わーい。

3リットルもお湯入れなくちゃいけなくてお湯沸かすの大変だけど
いやべつに大変じゃないか、でもとりあえずでかい鍋じゃないと
3リットルも無理。
あたしはでかい鍋出すのめんどくさいから中くらいの鍋2つで沸かした。

ティファールだと3回も沸かさないといけないからめんどくさい。

で、じょうごが無いとお湯が入れにくい。
やかんならじょうご要らない。うちはやかんがない。

じょうごは100円ショップで買ってきた。金物じゃないとあれかなーと
思ったけど案外耐熱温度120度とかのプラッチックのじょうごがあって助かる。
しかも取っ手が付いてるからお湯が手にかかる恐怖が削減できる。
エコ。


で、実際顔洗ってみた。
湯たんぽの中の水をナルゲンに移してから片手で持って
片手で顔洗う方法では、1.6Lで十分歯磨きと洗顔ができた。

たけど、だいぶわだかまりが残る。ブクブクは片手でもいいけど顔は
両手でじゃばじゃば洗いたいんだ。

今後、湯たんぽにホースでも付けて背中にしょって
どうにか両手で顔を洗えるように開発しようかと考え中。

背中に湯たんぽなんかしょってたら亀仙人みたいでかっこいいかな。
あったかくていいかな。

|

« 漢字ブーム | トップページ | 葛飾ラーメン うしけん »

由無し事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25228/17263035

この記事へのトラックバック一覧です: 湯たんぽ:

« 漢字ブーム | トップページ | 葛飾ラーメン うしけん »