« ブッシュ換えた | トップページ | マンパク津南 »

2008/01/15

かぐら F&W

水上にあるフォレスト&ウォーターというガイド屋さんの
ベーシックツアーに参加してみました。

先生が今年は谷川岳とか水上とか興味津々みたいなんです。


Forest & Water(フォレスト&ウォーター)
http://www.fw-powder.com/


12日のベーシックツアーの開催場所は、かぐらでした。



かぐらは自分たちでも登ったりしてるので余裕かと思いきや
これが今シーズン初雪山登りで初ザックかつぎ滑りなので多少の緊張がありました。
あと初参加だし。ガイドさんどんな人かなーとか。


リフト券は、ロープウェイ登り券1枚、ゴンドラ登り券1枚、リフト1回券3枚。
買いました。2700円でした。
帰りは下山コースで帰る予定です。


それで、明け方のかぐら駐車場は、なんだか雨みたいな雪みたいなのが降ってて
あらやだ、大丈夫かしらねーなんて思ってたんですが、朝8時ごろには
雪っぽい雪になってロープウェイで上に行ったら存外雪がよさそうで安心というか
むしろ期待しちゃいました。

そいでまずは登る前にゾンデの使い方とかビーコンの使い方の講習です。

講習は以前に受けたりしてるのですが、再度しっかり練習しました。
こういうのって定期的に受けたほうがいいですね。1回受けたからもういい、とか言わずに。
技術が進歩してたりとかするので、私らのような素人には情報のupdateと練習も兼ねて必要だと思いました。


で、ひととおり練習したら、さっそく板かついで登ります。
さすがに初のぼりは、きつく感じました。ザックってこんなに重かったっけ?
とか思いながらひたすらがんばりました。写真撮る余裕もなく。


いつも登ってるときは、一定のスピードでテンポよく登れるようになにかしら頭の中で音楽がかかってるんですが、なぜか今回は歩いてるときに突然「ピオーネ」というなんだかしらない単語が降りてきて、ずっと「ピオーネ」「ピオーネ」と唱えながら歩いていました。ピで足を上げてネで着地。1歩づつ「ピオーネ」。着実に「ピオーネ」。くるしくて歩みを止めたいけど「ピオーネ」。でも「ピオーネ」ってなに。

今後は毎回登りの時の励ましのリズムを記録に残してみようかな。
たいがいはアラレちゃんなんだけどね。きったぞーきたぞあーられっちゃーんー♪て。
次回はなにが降りてくるか楽しみだな。


そしてなんだかんだで中尾根到着。
寒いと思ったらマイナス10度ですって。
さむいー。
でも雪いい~。(*´∀`)


で、北斜面行こうと思って北斜の林間を少し滑ったけどちょっと事情が変わって
やっぱやめて南斜面に降りたけど、北斜面の雪は深くて軽くて最高でした。
底付きなしな感じでした。テンション上がるました。

南斜面はすこし表面かたい感じでしたが広い斜面でノートラックな感じで
十分楽しめました。

わーい。



これは南斜面に降りようとしてるところ。


思いがけずいい雪で、言うに及ばずガイドさんもとてもよさそうなガイドさんで
参加者の方々もノリがよくて、とても楽しい1日でした。



先生


2回目以降の参加からは、予約時に「お昼付き」で申し込むと
水上のどこかのレストランの特製チキンカツサンドが食べられるそうです。
おいしそうでした。
次回お昼付きにしたいと思います。


しかしそれまでに自分たちでもう少し登る修行と新雪滑る修行を
しないとなー、と思いました。余裕を持って登りたい。
半年のブランクはおおきかったのだなあ。
夏も板しょって歩かないとだめなのかなあ。


-----------------

夜は十日町の道の駅にて車泊。
道の駅にお風呂があるので、めし!ふろ!ねる!ができる。
しかもお風呂の設備がいい。シャワーヘッドが高級そう。
あと蛇口とかの位置も過去最高いい。全国のお風呂屋さんは
ここを見習って欲しい。

しかし、残念なことに湯がぬるい。


越後妻有交流館 キナーレ 明石の湯
http://kinare.jp/akasi.htm

10:00-22:00(毎週水曜日休館)
500円(17:00以降は400円)
シャンプーなどの備品充実、仮眠室あり。



大きな地図で見る

|

« ブッシュ換えた | トップページ | マンパク津南 »

山かんけい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25228/17703930

この記事へのトラックバック一覧です: かぐら F&W:

« ブッシュ換えた | トップページ | マンパク津南 »