« ヘルメット袋 | トップページ | 八海山と欅亭 »

2008/01/24

ペット湯たんぽ続き

ペットボトルにいきなり熱湯を入れる実験の巻。

ペットボトル袋の巻はこちら


---ペットボトルまめちしき---
ペットボトルって一口にいっても、ミネラルオーター用とか
コカコーラ用とかいろいろあって、それぞれ耐熱温度とか違うらしいです。

≪耐熱性ペットボトルの見分け方≫
http://www1.ocn.ne.jp/~yume123/yumeyuujinn.htm
(↑このページのスクロールバー15センチくらい下げたとこから)

注ぎ口(キャップをネジネジするとこね)が白いペットボトリングは耐熱温度90℃くらいならしいです。

六甲のおいしい水みたいに口が透明のやつは非耐熱性らしいです。

上記のサイトにて、銘柄による見分け方もかいてくれているので大変たすかりました。
だってキャップ外さないと口が白か透明かわからないもんね。
お店で試しにあけてみるなんて出来ないもんね。
------

とはいえ、耐熱温度90度とか言われても
わざわざ90度のお湯をつくるなんて非常にしゃらくせー。
だいたいうちには100度まで計れる温度計なんてねぇー。

というわけで。男は黙って、熱湯!


クールポコのやっちまったなーブログ
http://blog.watanabepro.co.jp/coolpoko/


で、DAKARAにいきなり熱湯を入れてみたけど、ぜんぜん没問題だった。
太好了。

たぶん移しかえてる間に90度くらいになっちゃってるんだと思う。
だから熱湯入れてもだいじょぶだぁ。


という実験結果。

---ペットボトル湯たんぽで顔を洗う週末詳細メモ---

金曜の夜、お湯を沸かしてお湯をペットボトルに入れて、
テルモスにも熱湯を入れて出発。ドライブ中はずっとぽかぽか焼。

金曜の夜、現地に着いたら歯磨き。
この時点では水でやっちゃう。歯磨きだけならそんなに
水を触ってなくて済むし、まだペット君のおかげで手がぽっかりんだから。

で、寝袋にペット君と一緒に入って寝る。

***日付変更線***

土曜日の朝、ぬるい水になってる。
それで洗顔と歯磨き。半分くらい(1Lくらい)使う。

昼間は車内に放置、夕方めし、ふろ。夜にはもうただの冷たい水。

夜は歯磨きだけなので、ペット君は出動しない。

寝る。

***日付変更線***

日曜日のあさ、
寒冷地で車の中に放置されていたペット君の水は
トイレの水くらい冷たくなっている。

そこでテルモスのお湯くん登場。
ペット君にテルモスのお湯を入れて水のお湯割りを作る。
そうすると、ぬるい水ができるのでそれで歯磨きと洗顔。

テルモスの保温効力は24時間で43度以上とか書いてあるので
30時間くらい経ってるこのときは人肌くらいかしら?

なのでこのときのペット君の水はあったかさはゼロ。
だけどトイレのキンキンに冷たい水よりはまし。

以降ペット君出番なし。
***日付変更線***

そしてブルーマンデー。
-------


・思い付きその1
土曜日の夜、風呂入ったついでに風呂場で
ペット君にお湯をもらうというのはどうか。
ねがわくは熱湯。叶わねばカランで出せる最高温度のお湯。

懸念
風呂にペットボトルもっていくなんてじゃまくさいし
とてもめんどくさい。

・思い付きその2
ジェットボイルでお湯沸かせば。

懸念
ちょーめんどくさい。

つづく。(お湯への情熱が冷めるまで)

|

« ヘルメット袋 | トップページ | 八海山と欅亭 »

山かんけい」カテゴリの記事

由無し事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25228/17812983

この記事へのトラックバック一覧です: ペット湯たんぽ続き:

« ヘルメット袋 | トップページ | 八海山と欅亭 »