« 雲雀や 青山 | トップページ | 焼岳 靴擦れ 地味な傷 »

2008/03/03

平湯温泉

週末はブルークリフ
岐阜県平湯温泉バックカントリーツアーに参加しました。

別名「平湯温泉飛騨牛ホルモンツアー」です。
うひひひ


金曜日夜、風穴の里とかいう平湯温泉より手前の道の駅で就寝。

朝、6時半におきて歯磨きして集合場所の
平湯温泉スキー場に向かう。

平湯温泉スキー場


8時に集合してお金を払ったりしてご挨拶して出陣。
参加者11人くらい。

リフトに乗ってスキー場トップまで行く。
そこから板かついで歩く。
今回スキーの方が多くてスノーボードの人は私たち入れて3人。


林の中を1時間くらい登って、よさそうなところでドロップイン。
けっこう木が蜜で、スピード出せない感じの感じでしたけど
雪は良かったです。
滑ってると雪が口に入って喉につまってむせました。
以後、口は閉じてすべることにします。

その後もうちょっと滑ってボトムまで行ってそこからまた板かついで登り返す。
1時間弱歩いたかしら?それからまた順番にドロップ。
ここもまた雪がばふばふ。
そして最終的に温泉街に出て、そこからまた歩いてスキー場まで戻って
長めの休憩をとってから、またリフトに乗ってスキー場トップへ。
で、1本ゲレンデ滑る。雪が降ったらちょー良さそうなコースだった。
最後の方の左側は雪も良かったのでよかった。
で、またリフト乗ってスキー場トップへ。
そこからまた板背負って歩く。

今度はそんなにたくさん歩かない。
さっきと逆側に降りる。
またしても雪がいい。

こっちはさっきより木がじゃまじゃないし
雪も深い。うはー。やっぱり口が開いちゃいます。


で、滝のとこに出た。お疲れ様でした。

本日のお宿へ移動。

素泊/民宿 ほらぐち商店
http://www4.ocn.ne.jp/~hora/
岐阜県吉城郡上宝村新平湯温泉
一泊お一人様 3300円(消費税・入湯税込み)

カップルの人は民宿の方のご配慮かブルクリさんのご配慮かわかりませんが
2人部屋を用意していただけました。わーい。
男子の人たちは大部屋でした。

荷物置いて着替えてブーツとかボイラー室に入れてもらったりして
さっそくホルモン食べに!

奈賀勢食堂
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ケ根868-3
10:00~21:30
休日 (木)

ほらぐちさんから歩いていけます。徒歩2分くらい。


大きな地図で見る


飛騨牛ホルモンを使ったテッチャンとかいう

うめー!
酒がすすむー!

 

餃子もお新香もうめー
おかあさんもちゃきちゃきしてておもしろい。

てっちゃんおかわりしたり、お酒をおかわりして
わいわいお話しながら、寝てる人もいたり
これぞ宴会な感じで楽しかったです。


うどんを食べ終わったところで一旦しめて清算

疲れたし明日もあるしなので私たちは一足先に宿に帰る。
みなさんは10時半くらいまで飲んでたもよう。


そしてわたしはお風呂に入る。

お風呂は温泉でした。
しかもかけ流しでひとり占めタイプのお風呂。
わーい。

でも後の人のことを考えるとあまりゆっくりできなくて
ちゃっちゃと洗って湯に浸かって早々に出ました。
だって私が出るまで入れないじゃん次の人が。

あれ家族風呂方式じゃなくて男湯・女湯方式にしてくれた
ほうがゆっくり浸かれていいのだがなあ。
でもまあシャワー一個だからそれはそれできついか。


んで、先生がグースカ寝てる部屋に戻りテレビ見ながらストレッチとかして寝る。

布団っていいわー!

|

« 雲雀や 青山 | トップページ | 焼岳 靴擦れ 地味な傷 »

山かんけい」カテゴリの記事

コメント

寒いのに、よく行くねぇ…。
まだ若いからね。楽しめ~。

うちは、普段からサッカーやらピアノやらダンスやらで忙しい日曜日に、タケジロウの17回忌が重なり、目が回る日曜日だったよ。

でも、たかちゃん&ときちゃんに会えて楽しかったよ~。おじさん、お腹治った~?
よろしく伝えてね~paper

投稿: yati | 2008/03/04 12:58

おじいさん次の日くらいまではおかゆ食べてましたけど今はもうカツサンドとか食ってます。
たけじろうさんの行きたかったんですけど、ホルモンの誘惑に負けました。。
というか僕くんたちはピアノも始めたんですか~かっこいい!

投稿: しー | 2008/03/06 13:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25228/40358498

この記事へのトラックバック一覧です: 平湯温泉:

« 雲雀や 青山 | トップページ | 焼岳 靴擦れ 地味な傷 »