2007/10/25

大徳川展

大徳川展いってきたよ。


チケットが黄金だぜ。

大徳川展
http://www.daitokugawa.com/

徳川将軍家、尾張徳川家、紀伊徳川家、水戸徳川家
全徳川家の至宝三百余点を一堂に公開

2007年10月10日から12月02日まで

東京国立博物館・平成館(上野公園)
東京都台東区上野公園13-9

午前9時半~午後5時 
金曜日は午後8時まで開館。入館は閉館の30分前まで

毎週月曜日休館
当日券1500円


---みどころ---

以下引用
「大徳川展」。徳川将軍家、尾張・紀伊・水戸の徳川御三家をはじめ、久能山・日光・尾張・紀州・水戸などの東照宮に伝えられてきた門外不出の品々および美術、歴史資料として貴重な宝物300余点が、史上初、一堂に結集。

この「大」にめぐりあうことは、二度とないでしょう。

徳川家康が征夷大将軍に任じられた慶長8年(1603)から260年間続いた江戸時代、徳川家は武家の棟梁にふさわしい文化・伝統を築き上げてきました。「大徳川展」では、【将軍の威光】【格式の美】【姫君のみやび】という三つのテーマ構成で、徳川家ゆかりの作品や太平の世に開花した近世美術・工芸の粋をご覧いただきます。

【将軍の威光】 武将の象徴である武器武具、家康が愛用した品々、家康を神格化した東照宮御影、さらには朝廷や諸外国との交流を伝える歴史資料など徳川家に伝わる品々で将軍の権威・権力の実像を紹介します。

【格式の美】 天下一とも称えられた大名物の肩衝茶入「初花」「新田」を、史上初めて同時公開。また王朝絵画の至宝「源氏物語絵巻」も出品されます。名物茶道具や絢爛豪華な能装束、絵画・書跡の名品の数々で、洗練された武家の美意識をご堪能ください。

【姫君のみやび】「国宝初音蒔絵調度」に代表される姫君の華麗な婚礼調度と絢爛たる衣装など、工芸の傑作をお楽しみいただきます。

http://www.daitokugawa.com/highlights.html
------

だって。たのしそうでしょ。

この展示解説のページで何点か展示物の写真とか見れるよ。
http://www.daitokugawa.com/exposition.html


黄門さまの印籠も見れるよ。
5 葵紋蒔絵印籠 徳川光圀所用 って書いてるやつ

しーちゃんのおすすめは、4の太刀 無銘 三池光世 てやつ。
ちょーかっけー!


わたしたち日曜日のお昼ごろ行っちゃってさあ、
へたこいたよ。
ものすごい混雑で。

あんなにみんなが徳川家が好きだとは思わなくてさー
あんなに人気なら平日の朝一に行くんだった。

もう今日はとりあえずざっとみて、また日を改めて来ようと思ったね。
兜とか太刀とかなんかは特に人気でね、もうね、展示物に近寄れないの。

ていうかさあチケット買うときに、今日はものすごい混雑で
普通に見れませんよ、とか教えてくれればいいのに。
そしたら日を改めて出直すのに。
それかものすごい混雑の日は半額にしてくれるとかさあ。

この守銭奴!


それでまあ今回いちばん印象に残ってる展示物は
なんといっても5代将軍綱吉くんが書いた

三大字「思無邪」だね。

思い邪(よこしま)無しっていう意味らしいんだけど、まあ意味は
どうでもいいんだけど、なんか小学生が書いたみたいな字だったよ。

見る人が見るとうまいのかもしれないけど
あたしには「へた」にしか見えなかったよ。

将軍なんだからお習字する暇なんて沢山あったと思うんだけど
なんだろね。
書は人なりってよく言うじゃん。言わないか。
まあでも字って書いた人の内面とかにじみ出ちゃう感じがするよね。

もともと一般的にこの人自体の評価があんまり良くないじゃん。
ほんとの所は知らないけど。
でもなんか字を見て、ああ、やっぱしダメな人だったのかなあ、って思った。
がんばって書いてる感じは伝わるんだけど、なんかへたなの。
不器用な男じゃったのかな。

えらい人の字がきたなかったりすると、なんか親近感わいちゃうね。


そんな大徳川展でした。

帰りにお土産ブースで葵のご紋がはいったポストイットかいました。
ちょーかっこいいです。


この紋所が目に入らぬかー
です。


-------------------------------ここから豆知識な


んで、いま徳川家ってどうなってるのか知りたかったのでちょいと調べたよ。
参考
財団法人 徳川記念財団
http://www.tokugawa.ne.jp/j/about/foundation.htm

徳川宗家(とくがわそうけって読むんだよ、本家とかいう意味だよ。)は、
初代家康くんから15代まで征夷大将軍で、その後の16,17代は公爵という
爵位をもらってたみたい。
いまは18代目。18代目は徳川記念財団の理事長であらせられる


徳川宗家は、1884年の華族令の制定によって公爵家となって
1947年5月3日、日本国憲法施行に伴い、爵位制度が廃止になって
ふつうの人になったらしい。
まあ、あきらかに普通じゃないけどね。
勝手な想像だけどたぶんぺヤングとか食べたこととかないだろうね。


18代当主 恒孝さん
http://www.tokugawa.ne.jp/j/message/index.htm
ここで18代目当主の御影を拝観できます


徳川宗家略系図
http://www.tokugawa.ne.jp/j/about/family_tree.htm
これおもしろい。だれが養子でどっから来たかとか。
半分は養子だせ。

わたし最初、徳川宗家の「宗家」って人の名前かと思ったよ。
徳川むねいえって誰だよ。と思ってググったら「そうけ」だった。
おほほほほ


歴史おもしれー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/25

ノマディック美術館 「Ashes and Snow」

ノマディック美術館
http://www.ashesandsnow.org/jp/


いまお台場にあるる「ノマディック美術館」見てきましたた。



ノマディック美術館ていうのは、グレゴリー コルベール(Gregory Colbert)っていうカナダ人のおじさんの「Ashes and Snow」っていう展覧会専用の移動美術館なんだお。
ちなみにノマディックの意味は

nomadic [形]遊牧[漂泊]民の, 遊牧[漂泊]民的な;遊牧[漂泊]生活を送る;放浪の.

ノマディック美術館について

ノマディック美術館は、グレゴリー・コルベールのAshes and Snowを展示するために著名な建築家である坂茂氏が設計した、仮設建築物です。 152台の鋼鉄製の貨物コンテナを34フィートの高さに積み重ね、ほとんどがリサイクルや再利用できる材料を使って構造部分を形成しています。 ノマディック美術館は今回、東京へとやって来る前に、ニューヨークとサンタモニカで建設されました。Ashes and Snowがアジア、ヨーロッパ、南米のその他の開催地へと移動する際は、解体されて再建築されます。

だって。

コンテナってすげーな。
かっけー。



開催は、6月24日(日ようび)までだよ。
東京テレポート駅前だよ。
ゆりかもめで行くとお台場海浜公園駅で降りて
ヴィーナスフォートに向かうだよ。
map

月~木11:00-19:00
金~日祝祭日10:00-22:00
(入館は閉館の1時間前まで)

一般1900円
学生1300~1600円


わたし昼間いったけど、これはきっと夜行くと
建物が素敵にライトアップされてて綺麗なんジャマイカ。
と思うよ。
22時までやってる美術館なんてそうないよね。
これはすばらしい。

展示物は写真と映像(でっかいスクリーンが3つあった。
それぞれ違う映像が垂れ流しされてる)とあと建物自体も作品のうちなんだって。
写真と映像と建物内部はもう全てがセピア色で雰囲気的にはいいかも。
だがちと飽きる。カラーもみたい。


なんでこれを見に行ったかというと、
何かの宣伝で、少年がぞうさんに本を呼んであげてる写真を見て
なにこれー、どうやって撮ったのー?!と思ったので行ってみたの。

そしたらCGとかじゃなくて「本当にがんばって撮った」んだって。
詳細は書いてないけど、わたしの妄想では、
インドとかミャンマーとか行ってモデルさんにそれっぽい服を着せて
動物をどうにか連れてきてモデルさんにポーズとらせて
カメラを構える。そんな感じ?
ほんとに川の中に入ったりしてた。そういう映像が展示されてる。

ジャングルの川みたいなところで人間と動物が触れ合ってる映像とかあるんだけど
モデルさんが川に入ってたりしてて、すげーなと思った。
よくこんなきったねえ川に入れるな、仕事とはいえ。とか思ってしまって
神秘もくそもなかった。
あたしってたぶん芸術とかわからない人なんだと思う。

でも映像がセピア色だからきたねえどぶ色の川に見えたけど
実際はきれいな水だったのかもしれない。とあとで思った。


あと象の群れの中でモデルさんが激しく踊ってる場面があるんだけど、
その後ろで象さんは迷惑そうにしていて、(何してんのこの人みたいな感じで。)
やっぱりそれは浮いてますよ、モデルさん。と思った。
なんだかんだいってやっぱり中には人間が浮いてる場面(作品)もある。
モデルさんが自己陶酔してる感じのもあって、そういうのはきもくてやだ。

人間と動物の共存みたいなことがいいたかったんだろうけど
モデルさんがなんかちょっと「私を見て!」みたいな感じでいやらしい感じがした。
(全部が全部いやらしいわけじゃないよ。)

そんで、映像を見ると写真作品でみた場面が出てきて
なんだー映像のワンシーンを切り取っただけかー、そんなのずるいよ、
と思ったんだけど、なんかのパンフレットを後で見たら
「写真は独自に撮影されたもので、映像のワンシーンを流用したのもではありません。」
と書いてあった。
さようでー。

映像もそれで作品なんだろうけど、わたしには、絵としての写真のメイキング映像みたいに見えてしまってすこし興ざめしてしまった。映像をみることによってそのシチュエーションが作られたものであることがありありと伝わってくる。私は映像は見ないほうが良かったかも。写真だけで絵として楽しむほうが良かったかも新米。

でも建物はかっこいいし、写真とか絵としてはいいと思う。
ぞうさんかわいいし。

あー、でもゆりかもめ往復700円と
チケット1900円は少し高いかな。


インドとかタイとかの布が好きな人は好きかもね、こういう雰囲気。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/30

floor play みたよー。

親孝行がてら、かあちゃんと見てきました。

フロアプレイ
http://www.ktv.co.jp/fp/aboutFP/

東京公演
開催日:3/20(火)~3/30(金)
会場:Bunkamuraオーチャードホール

送信者 blog

すっげーかっこいい。
ダンスとか特に興味なかったけど、これみたらダンスやりたくなった。
あと、初めて社交ダンスを(ボールルームダンス)かっこいいと思った。

そんでもはやこれはスポーツだと思った。

すんごい有酸素運動だぜ、あれ。
筋肉だって必要だしストレッチもするし。集中力もすごいと思う。
どうせ有酸素運動するなら楽しくしたいからマラソンとかより
ダンスのがいいな。楽しいもの。
でもあれかな、山登りの為のトレーニングが「ダンス」って
なんかちょっとおちゃらけてるみたいでナニかな。


子どものときに見てたら将来の夢は「ダンサー」
になったろうと思う。そんぐらいかっこいい。
いまはもういい年こいてるからあれだけど。えへへへ


途中何度かダンサーさんたちが観客席に登場してアドリブで
お客さんと手をとって踊ったりしてくれてた。
わたし丁度通路側の席だったからまぢかでダンサーさんみたけど
みなさん顔もいいのね。美人だし、美男だし。
それで彼らが通った後は、なにかいいにおいがした。


衣装もきれいだし、音楽もたのしい。
歌う人が2人いて、あとうしろで太鼓とかたたいてる人が2人いた。
社交ダンスのイメージをくつがえすノリの良さ。

なんかみなさん力いっぱい踊ってる感じで
楽しそうだし、気迫に満ちていた。
さすが世界選手権とか出るような人たちだー
と感心した。

教訓:
食べず嫌いはよくない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/12

ミイラと古代エジプト展

今日はミイラと古代エジプト展見に行きました。
上野の国立科学博物館。1500円で常設展も企画展も全部見れる。

送信者 2006_02_11ミイラ


9時からなので9時ちょっと前に着くように行ったら
すでに50人くらい博物館前に並んでいてびっくらこいた。
開館前に並んじゃうほどの人気なのね、ミイラさん。おみそれしました。


それで最初に3D映像見せられるの。強制で全員。20分くらい。
かっこいい3Dめがね配られて。

送信者 blog

ミイラさんをCTスキャンしてそれをCGでどうにかしたみたいな
3Dミイラ見たよ。あとミイラとかエジプトとかの基礎知識とか。
最初に基礎知識おせーてくれるのっていいよね。基礎知識がないと
品物みても「ふーん」だもんね。

今回もやはり混んでて、ゆっくりは見られない状態でしたけど
まあしょうがないか。
今日は子どもが多かったなあ。
子どもはあたりまえのようにずるこみしてくるからイヤだなあ。
ミイラの知識なんかより博物館でのマナーとか教えろよ、ばか親!


そのあと、まだ見てない常設展があったと思い出してそっちに移動した。
そういえば科博は何回も来てるのに地下はまだ見ていなかったのだー。
広いなあ科博。

というわけで約40億年前の地球から人類の進化まで見たんだけど
すごいね40億年って。ミイラなんかたかだか3000年前だぜ。とか思っちゃった。
三葉虫の化石なんか5億4500万年前とかそういうすごい前だぜ。
5億年って想像つかないんですけどどのくらい?

ミイラより三葉虫の化石のほうがすごいよ絶対。それが常設してあるんだから
すごいよ科博!
おれ科博に住みてえ。
なんかマンモスの骨と毛皮で作った住宅みたいなの展示してあったから
そこに住みたい。マンモスの毛皮あったかそうだったし。
古代人の役とかの仕事ないかな。ちょーたのしそう。
でも全裸かな。それはやだな。せめてマンモスの毛皮くらいは着たいな。

それでまだもう一階下に宇宙とか法則とか物質とかたのしそうなエリアが
あったんだけど、おなかすいたからまた今度に来ることにした。


ミイラとかエジプト人みてたらカレーが食べたくなったので
適当にカレー屋探して入った。

サムラートだった。

送信者 2006_02_11ミイラ

そしてODBOXでバーゲンしてるので見に行ったら
キャプリーン4のXSがあったので買ってみました。8900円~!
おーほほほほほほ。

送信者 2006_02_11ミイラ

残念ながら先生のサイズは無かったよ。
こんどのは、ファスナーがチクチクしない仕様になってました!
おーほほほほほほ

これ裏返しの図ね。

送信者 blog


満足満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/11

江戸東京博物館

はじめての江戸博。

送信者 2007_02_10えどはく

江戸東京博物館。
前とか何回か通ったことあるんだけど、いつもスルーしてた。

今回は電車で「江戸城」っていうポスター見て釘付けになってしまったので
行って来ました。

送信者 2007_02_10えどはく


別に江戸を語るつもりはさらさらないけどさ、やっぱなんか江戸城ってなぞが多くて
きになる存在なわけよ。てことで。

朝一はさほど混んでいなかったんだけどそのうちずいぶん混みだして
思うように見られなくなってきた。人がじゃまで。
じじいとばばあは知らない人に平気で近づくからいやだ。
人に近寄ってもいい限界の距離がみじけーんだよな、じじいとばばあってのは。
あと子ども。
わたしと手をつなぐな。ってーの。おかあさんはうしろだよ。

それで展示内容だけど、肝心の江戸城の謎にはあまり迫れなかった。
レプリカとか設計図とかあって、それはよかったけど、
べつに発掘されたお茶碗のかけらとか見ても感動はないね。
しかしあの設計図って筆で書いたのかしら。定規とかあったのかね。
すごいね。

あと、なんとかの丸とかなんとか門とか言われてもぴんとこないから
全体のちょーでっけーレプリカでも作ってくれればよかったのに。

そんなことより江戸城は今どこでどうなっちゃってるんだか知りたかったのにさ。
それってみんな知ってることなの?わたしその授業のときたまたま休んだのかな。
火事で全部焼けちゃったのかしら。皇居だから詳細はひみつなの?

まあいいや。自分でしらべようっと。

江戸城のあと北斎展もみたよ。
あたしああいう絵すきだわ。パンフレットと500円のちっちゃいレプリカ買っちゃった。

しかし美術館じゃないんだからさ、どうやって作ってたのかとか
道具とか見せたりしてくれてもよさそうなもんだけどね。
数行の解説と、作品の展示だけだったよ。
そういうもんかね。自分で調べろって?そうですか。


常設展がもりだくさんでゆっくりみてたら日が暮れるよ。
お腹もすくし。


そしてわたしはお腹がへったのでささっと浅草に移動した。

セキネのお店ができてた。

送信者 2007_02_10えどはく

おみやげのシュウマイ買って肉まんは食べながら雷門に移動して
雷おこしとサッポロクラシック。
藪そばしようかと思ったけど行列つくってたからやめた。
この日の浅草はいたるところで行列ができていた。
3連休だしね。
松屋の青森物産展行ったけど、さほど興味をそそるものは無かった。


家帰ってシュウマイとビールでたいそう幸せ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

国立新美術館

オープンの日に行ったんだよ。
六本木にできた国立新美術館。

送信者 2006_01_21ドーナ...


建物の中に入るのはただだよ。外から見るのもただだよ。
ただであのくにゃくにゃした変な建物の中に入れるんだからお得だよ。

送信者 2006_01_21ドーナ...

なかはずいぶん広いよ。
レストランとかあったり図書室もあるよ。
ちょっと休憩する用のイスとかもなんかアートとか好きそうな人が好きそうなイスだよ。

この日はたまたま「日本の表現力」っていう企画展と
「黒川紀章展」がただで見られたよ。
ラッキー♪

両方おもしろかったよ。

ミュージアムショップがおされで品物も充実してて関心した。
やっぱ美術館だね。ここはニューヨークか、と思った。博物館とはうんでいの差だね。
※おらの村じゃニューヨーク=おされなんだけどさ。ふつうちがうの?

博物館ばかり行って実験セットとか石とかばかり買ってる場合じゃないね。
美術館行っておされな文具でも買いなさいってーの。そうよねー。


どうでもいいけどこういうところってトイレがきれいで広いからさ
リラックスしすぎて苦労してせっかく買ったドーナツをトイレに忘れそうになったよ。
ったく。

んで、見終わってから寝起きのOちゃん呼び出してコーヒーのみながら
今日一日の出来事を聞いてもらって、お腹が減ってきたらおもさんのタイ料理いって
めしくって、お礼にドーナッツ1個あげて帰った。
帰ってあたしもドーナッツ食べた。


うまいけど、1時間も待つほどのもんでもないな。

送信者 2006_01_21ドーナ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/18

本所防災館


錦糸町の帰り、暇だから押上まで歩いて行ってみよう、
ってことで錦糸町から押上まで探検ぼくの町してみた。

そしたら途中に消防署があって、本所消防署っていうんだけど
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-honjyo/index.html
建物がなんかピラミッドみたいでさ、なんだそりゃ!と思ったので
近寄ってよく見てみた。

送信者 blog


そしたらゾウさんがいた。

そんでその奥には「本所防災館」というなにやら楽しげな館が。

送信者 blog


おそるおそる中に入ってみると、地震体験コーナーとか暴風雨体験コーナーなるものが
ありました。楽しそうです。楽しいとか言ったら不謹慎か。
興味津々です。
やってみたらすごい怖くてドキドキして涙目になるのは目に見えてるんだけどね。
やってみたいの。

でもこの日は時間がなかったので防災グッズコーナーを一回りして
ホイッスルを買って帰りました。
いつかまた本所防災館行って体験コーナーツアーやりたいな。


本所防災館
東京都墨田区横川4-6-6

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/hj/honjo.htm

開館時間 09:00~午17:00
休 館 日 水曜日・第3木曜日(国民の祝日に当たる場合は翌日)
年末年始(12月28日~1月4日)
入 館 料 無料!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/05

国立公文書館


すげーよ!
国立公文書館


デジタルギャラリーだぜ。

すばらしいインターネットですね。

しかしさあ、こういうのみると日本て今、平和だなあと思うね。
http://jpimg.digital.archives.go.jp/kouseisai/category/poster/boudoku.html


あさ半蔵門線がやたら遅延しまくりなことに腹をたてたりさ、
じじいがうるさいとか、冷え性だとか、足がむくむとか、区民税高くね?とか、
ちいせいよな、悩みが。

毒ガスの心配しなくていいだけで十分幸せだよ。わたし。
毎日おふろに入れるし。電気だってつけたい放題。チョコ食べ放題。


100年後には、100年後の人にいまの生活がかわいそうがられるのかな。
ナイト2000とか量産されたりしてんのかな。そしたら飲酒運転と交通事故の心配がなくなるね。
コピーロボットが量産されたら自分は週休7日だね☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/07

人体の不思議展

行ってきたよ。
人体の不思議展。
東京国際フォーラム。


いまいちだった。

「プラストミック標本」の展示場って感じだった。
それっていうのは、常温で半永久的に保存できる画期的な人体標本の事ね。


たしかに「プラストミック標本」はすごいし(驚きの技術)、
献体された方の意志にも感服の至りなわけだが
ぜんぜん人体の不思議に迫れなかったよ。

医学やってる人にはたのしいのかもしれないけどさ。
あたしみたいな一般人には標本かざってあるだけじゃ
説明不足だろ。手抜きしすぎだろ。


だってさあ、病気にかかった肺の標本とか展示されてんだけど
そのとなりに健康な肺の標本でも展示するとかなんとかすりゃあいいのに
ただ、病気の肺が置いてあるだけ。
絵でもいいからなんか説明してくれよ。
フーン。。で終っちゃうだろ。
ばか。

頭いい人が沢山あつまって開いた会のくせによー。
だから中途半端に頭がいい人ってやだよな。
頭のわるい人にもわかるように説明できてこそ
本物の頭いい人だよ。
養老孟司とか、うさんくさくてしょうがない。


そうだ。展示場にたくさんの女子がいたんだけど
「頭の上でおだんごヘアー」の割合が高かった。
しかもグループで来るからうるせー。骨とか好きなの?

いちゃいちゃベタベタカップルもいた。ヲタ顔。
おまいら展示物に興味ねえだろ、ってくらいに
すりすりすりすり顔をすりすりしてやがる。
ホテル行けよ。ばか。

銀座でお買い物帰りのおばちゃんみたいのと
定年して時間があり余ってるおじさんみたいな人も
たくさんいた。
とにかく混んでいた。

もしかしていろいろ説明つけちゃうと流れがわるくなるから
わざとああいうふうに「見るだけ」の展示方法なのかな?
混むから?

だったら人体の不思議とか言わず
「プラストミック標本展」に名前変えればいいのに。
「人体の不思議」だなんておおげさだよ。

人体が展示されている、それを自分の目で見て
人体というものを自分で考えて下さい、ってか?!

1500円もとりやがって。
プラストミック標本見れるだけでもありがたいってか?!?!


ああ。うん、実際ありがたいか。


人体の不思議展についてわたしが過剰に期待しすぎただけか。

北京の自然博物館があまりに衝撃的で
人体標本について免疫ができちゃったのかも。
あのくらいの、よそ見して歩いてて電柱に頭ぶつけた!ってくらいの
衝撃をくらうと思って国際ホーラム行ったからいけなかったのか。

そういえばあっちのだってホルマリン漬けが展示してあるだけだったかも。
(国際ホーラムの100倍グロイけど。)
中国語の説明があったとしても読めないしな。

。。。うーん。
じゃあいいや。


人体の不思議展。
名前が大げさだけど、見てみるといいですよ。

血とか苦手な人でも見れるとおもうよ。
標本に近づいてよーくみると毛穴とか見えて
ああ、人体なんだなあ、って思うけど
遠目でみるぶんには、プラスチックみたいな
ささ身みたいな感じです。

触れる標本もありました。
血管の標本とかすごいよ。
ほえ~、ってかんじ。

結局、「プラストミック標本はすごい」って事で。


gai.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/09/13

国立科学博物館

上野デリーでうんまいカレーを堪能してから
松坂屋の斜め前で珍珠ミルクティー買って
おまけに野菜チップスもらっちゃって上機嫌で
黒タピオカ吸い上げながら緑色の上野公園を歩いて
国立科学博物館に行ったよ。

いまやってる特別展はね、
「テレビゲームとデジタル科学展」
http://www.kahaku.go.jp/game/index.html


常設展(旧館)は「生物の進化」とか「宇宙」とか。

今回、新館は時間が無くて行けなかった。
新館は海と恐竜とからしいよ。
また今度行ってみよう。
新館はまだ半分しか開いてないんだって。半分は工事中。
次回は新館の屋上にぜし行ってみるだすよ。
屋上にパラソルガーデン、ハーブガーデンなるものがあるモヨウ。
大当たりの予感。


で、自称”博物館マニアのお豆さん”がカハクについての私的感想を述べますよ。
「カハク」とか言っちゃうあたりがヲタっぽいのかな。いや、「自称」のくだりが
ヲタっぽいか。まあいいか。

あのね、おおまかに言うと、
科学技術館よりは、まし。科学未来館よりはダメ。ってとこだな。

まあ特別展は置いといて、常設展はなんつーか、全体的に古い。
古いタイプの博物館。まじめ系。立体的な教科書みたい。

あたし教科書好きだからいいんだけどさ。
子供向けでわないね、あすこは。
でも子供たくさんいた。うるさいの。

たぶんテレビゲーム目的で来たんだと思うんだけど、
あれだけじゃ間がもたなかったんだろうね、せっかくお金払ったんだから
とりあず全部みようぜ、とか思ったんだろうね。
うぜー。

子供なんかあんなの見たってわけわかってないのに
もったいないからとりあえず子供連れて館内一周しちゃうその親がうざい。
うるさいし。見る気ないし。子供たち走り回ってるし。

あと校外学習みたいな高校生みたいのが班に分かれて館内一周。
ムリヤリ来させられた系。展示物見て「へぇー」とか言う。
よくしゃべる。声がでかい。よく笑う。
植物の化石でも笑えるみたい。人数多すぎ。

でもね、たまーに2人くらいは、ちゃんと見てる人もいた。
ノートとってるんだよ。えらいね。
わたしも今度からノートとろうかな。なんちゃってー。


ばいざうぇー、周りの人がうるさくて全然楽しくないかと思いきや、
お勉強になりましたよ。カハク。

だいたい展示してあるのは、動物の剥製みたいのと骨と化石だけだけどね。
でもいろんな動物の骨がみられるよ。ガゼルちゃんとか、かわいいの。
上野動物園とセットで見るとより楽しいかも。生体見て骨もみて。
シマウマの骨とチーターの骨を見比べたり。
骨の違いで生き方も変わってくるのね。とか。

アザラシ君の骨が意外に普通だったのが感動した。
アザラシ君の骨を想像したことがなかったし、しようとも思わなかったし
私の中でぼんやりと魚類に入ってたし。(ばか?)
なんかいろいろ気づかされて感動した。

なので、考えながら見る気があって、何かを得て帰りたい。と、
思う人にはお勧めの博物館ですね。
なんとなく入ってみるのは、おすすめできません。

なんとなく入りたいのなら科学未来館がおすすめです。
あそこは興味を引き出すことからやってくれます。

カハクは、興味を引き出してはくれません。
ただ教科書ひらいて置いてあるだけだから。
教科書好きな人にはおすすめ。科学未来館よりはダメだけど。

だってねー、先生がいないの。ひとっこひとり居ないの。
だから疑問質問をぶつけられないの。
一人くらい誰か展示内容についてのご案内係りがいてくれても
いいと思うんだけど。。一人でもいいからさー。
トイレの場所とかはインフォメーションのおねいさんが教えてくれるけどね。
どうやら新館にはだれか居るみたいだけど。旧館はおいてけぼり。

なので旧館での疑問質問は持って帰って宿題にしる。

11月2日に新館がグランドオープンらしいからそれに期待してみる。
それ以降は新館Ⅱ期展示において、すべての展示室に
教育ボランティアが配置される、んだって。
あっそ。

旧館はどうなっちゃうんだろう。
あの建物なんか好き。古いけど、こ汚くない。
階段がなんか好き。セーラとか、キャンディとか降りてきそうな階段。

「科学」ってなんか銀色のイメージなんだけど、
旧館は全体的に茶色。でもテーマが歴史とか進化とかだから
あってるな。茶色で。

お外には、でっかい機関車とクジラ君がいます。

あ、そうそう。「テレビゲームとデジタル科学展」はね、まあまあ。
めずらしいゲームやらコンピーターやらが見れます。
あまり勉強にはならないかもね。展示してあるだけって感じ。
マニアにはたまらないのかも。よくわかんないけど。

実際にゲームが出来るブースがあって、そこは沢山の子供たちが
楽しそうにゲームをしていた。博物館スタッフも沢山いた。
僕もゲームしたかったけど、僕って見た目大人だし、一人だし、
帽子かぶってたせいで前髪ぺったんこでキモイし、子供やスタッフが怖がると
かわいそうだから、そのブースは素通りした。
えーん。


結局カハクに3時間以上いたんだけど、ほとんど旧館にいた。
ゲームの方は30分くらいしかいなかった。

ミュージアムショップはいまいちだった。
俺に仕入れとか商品の企画とかやらせろ!って思った。
全然こころをくすぐる商品がないの。
顧問でもいいよ。なんかえらそうでかっこいい。

というわけで、今回の本当のお薦めは、
「珍珠ミルクティー飲みながら、緑の上野公園をお散歩」
です。

 
 


おまけ
nau.jpgナウマンゾウの子供

千葉で発掘されたって!ちばにナウマンゾウが居たのか?!
ふぅ~~ん。千葉にねぇ~。
まあそのころ「千葉」なんて呼ばれてなかったんだろうけどさ。
なんか不思議の国。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧