えほん

2018/06/06

5月読み聞かせした絵本

5月に、小学校の読み聞かせで、2年生に読んだよ。


タイトル
100円たんけん

作者
中川 ひろたか、 岡本 よしろう



100円で何がどのくらい買えるのか、商店街をお母さんと探検する話。
肉屋で豚肉100円分とか、魚屋で100円で何が買えるか。
寿司屋、パンや、八百屋、聞いて回って、いろいろなものの値打ちを知る。

最後にカーネーションが出てくるので、5月の母の日付近に読み聞かせるのおすすめ。

こどもたちの反応よかった。

うちの学校では、2年生の1学期に「まち探検」て授業があって
みんなで商店街とか行って、なんか書いたりする授業をやってたので、時期的にもよかった。

我が子は、これを読んだ後、おかしのまちおかに行くと、
「ままー、今日は100円ぶんのお菓子を選ぶね、」と、自分からお菓子の選び方を設定してきた。
(いつもは、3つまでね、とか値段関係なくお菓子の数で選ばせてた。)

こどもがお金のことを具体的に考えるきっかけになった良い本。


2冊目

タイトル
おじさんのかさ

作者
佐野 洋子


1年生の国語で、佐野 洋子さんの「だってだってのおばあさん」習ってた。

5月なので、なにか梅雨っぽい本をと思って、これを読んだ。

大事にしてる傘が濡れるのがいやで、かたくなに傘をさそうとしないおじさんが、子供の歌につられて、ついに傘をさしてみたってお話し。

前半は、雨が降っても傘をささないおじさんの様子をかいてるんだけど、なんで傘をささないのかは説明がないから、(大人には、「ああ大切にしてるから濡らしたくないんだな」ってわかるんだけど)こどもには、それがわかる子とわからない子がいて、読んでて、「へえー」って思った。

ちなみに、うちの子に読んだときは、説明しなくてもそれがわかってたので、なんとも思わなかったけど、クラスで読んだら何人か「なんで傘ささねえんだよー」って言ってる子がいて、いろんな反応があって面白いなあって思った。


傘をさしたくないおじさんが、あるとき、傘に当たる雨音や足音の歌を子供が歌っているのを聞いて、興味を抑えきれず、ついに傘をさしちゃって、「これもまた一興」となるお話。
めでたしめでたし、な感じ。

3歳の娘もおとなしく聞いてて、保育園の送迎時など自転車の前かごにて、
前触れもなくいきなり「あめがふったらぽんぽろろおん」って歌いだしたりして、
何度も出てくるフレーズ、耳に残ってるんだなーって。リズムが心地よいのかなーって。

うまく説明できないけど、なんか良い本。

梅雨時におすすめの絵本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/15

なんで夏は暑いのかわかる本

こどもにたくさん本を読んであげてる中で、とくに、こどもにうけた本を
書いていくね。


ちなみにこどもは7さいと3さいだよ。

去年から、長女の小学校で「図書ボランティア」もしてるから、
教室で読んだりして、大勢の子供たちにうけた本もメモメモかきかき。


えほんメモその1

タイトル
あさよる、なつふゆちきゅうはまわる (かこさとしの自然のしくみ地球のちからえほん)

作者
かこ さとし


わたしは、かこさとし大先生の絵本が大好きだよ。

この本は、こどもにもうけたし、私がたいそう気に入って、アマゾンで予約した本だよ。


子供に、なつってなんであついの?って聞かれて、
うまく答えられなかったので、図書館に行って血眼で探したんだ。

そして、この本に出会いました。
ありがとう、葛飾区立図書館。。


この本にはね、
地球はまるくて、引力があることや
1日1回まわっていること、じくがすこし傾いていること

地球と太陽の位置関係、地球が太陽の周りをまわるのに1年かかること
太陽系のこと、銀河系のこと、大宇宙のこと!
が、かいてあるよ。


わたしも宇宙のことよくわかってなかったので
大変勉強になりましたし、こどもに間違ったこと教えられないので
たすかりました。ありがとう、かこさとし先生!

しかも最後のしめくくりが、すっごく素敵だよ。
買いなよ、この本。ぜったい

それか、図書館で借りてきて。ぜったい!


こどもはさ、生きる世界がせまいから、視野がせまくなりがちだから
こういう大宇宙の存在を教えといたほうがいいと思うんだ。

悩み事とかあっても、大宇宙のことを考えたら、すごーくそれが
ちっぽけなことだと、思えると思うんだ。

だってすっごいでかいんだぜ、大宇宙!

ちなみに、だるまちゃんシリーズもかわいいから大好き


| | コメント (0) | トラックバック (0)